カランメソッドとフィリピン

カランメソッドとフィリピンについて

オンライン英会話によって異なるものの、スクールの多くはフィリピン人を講師として雇っているため、カランメソッドのレッスンもフィリピン人が務めております。

 

生徒の中には、「フィリピン人がカランメソッドで教えられるの?」という疑問を抱えている方がいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、アメリカ人やイギリス人のネイティブでなければ不安になる気持ちは分かりますが、オンライン英会話の講師は事前にしっかりとトレーニングを受けております。

 

きちんとカランメソッドのスキルも身に付けた講師が在籍しているため、ネイティブではなくても全く問題はないというわけです。

 

むしろ、ネイティブよりもきれいな発音をするフィリピン人の講師の方もいらっしゃいますし、自分が求める授業をしてくれるのではないでしょうか。

 

それに、オンライン英会話は、フィリピン人が務めているからこそ、ありえないくらいの低料金でレッスンを受けることができております。

 

ネイティブの講師がレッスンを教えるとなると、それに見合った人件費を支払わなければならないので、必然的に私たちが支払うレッスンの料金も高くなるという仕組みです。

 

とは言え、講師の質はスクールによりけりで、アルバイトの講師を雇っているスクールは、できる限り避けた方が良いと説明できます。

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)に在籍している講師は、カランメソッドのレッスンを生徒へと教えるための正規のトレーニングを積んでいるのです。

 

質の高い講師と一緒にカランメソッドを受けられるスクールなので、是非NativeCamp(ネイティブキャンプ)に入会してみてください。

 

 

>>> NativeCamp(ネイティブキャンプ)の無料体験

 

 


オンライン英会話の講師は専用のトレーニングを積んでいるので安心!

さて、フィリピンでは英語が公用語となっているので、普段の生活で使っておりますし、オンライン英会話の講師であれば専用のトレーニングを積んでいるので、安心してレッスンを受けることができます。

 

「フィリピン人とでは英語の勉強ができない」と考えている方はいらっしゃるものの、決してそんなことはありません。

 

しかし、もう1種類の公用語であるタガログ語と混ざり、多少の訛りが生じている先生の方はいらっしゃいます。

 

訛りがあるかどうか見極めるためには、公式サイトの音声サンプルを閲覧しなければなりませんし、そのシステムが採用されていないというのであれば、実際にレッスンを受ける以外に道はないのです。

 

上記でご紹介したNativeCamp(ネイティブキャンプ)でも、訛りが酷くて上手く聞き取れないという講師の方はいるかもしれないので、カランメソッドを受ける際に最初は色々な先生を予約し、その後で自分に合いそうな講師を見つけるようにしましょう。


「カランメソッドをオンライン英会話で」に関するページ