カランメソッドとTOEFL

カランメソッドとTOEFLについて

TOEFLのスコアを上げたいという目的で、オンライン英会話のカランメソッドを利用しているという生徒はいらっしゃいます。

 

「Test of English as a Foreign Language」の略称であるTOEFLは、TOEICと同じように、英語力を測るテストとして米国非営利教育団体によって開発されました。

 

以前までは実際に紙面によってテストを受けるTOEFL PBT(Paper-based Test)が採用されていたものの、現在ではインターネットを利用するTOEFL iBT(Internet-based Test)しか受けることができません。

 

どちらにしても、英語能力を証明したり語学学校の卒業の基準として採用されたりしているため、更なる英語力のアップのためにテストを受ける価値は大いにあるというわけです。

 

TOEICとは異なり、TOEFLは「リスニング」「リーディング」「スピーキング」「ライティング」といった全ての英語力が必要となるため、独学で勉強をするよりもカランメソッドを利用した方が良いと言えます。

 

自分で勉強をしてスコアを着々と伸ばしているという方はいらっしゃいますが、独学では限界があるので、英語脳を鍛えられるカランメソッドを利用した方が良いというわけです。

 

ライティング力を上げるのに特化したレッスンではないものの、正しい文法を学んでいくことができるので、知らず知らずのうちに書き取り能力も向上しているのではないでしょうか。

 

もし、TOEFLのスコアを上げたいと考えているのであれば、このサイトでご紹介しているQQ Englishをおすすめします。

 

オンライン英会話のQQ Englishでは、カランメソッドが採用されており、開講している時間であれば自分の好きなタイミングで勉強をしていくことができるので、是非利用してみてください。

 

 

>>> QQ Englishの無料体験

 

 

さて、上記でご紹介したQQ Englishでは採用されていないものの、オンライン英会話の中にはTOEFL専用のカリキュラムを設けているスクールが存在します。

 

単純に先生とフリートークを行っていくのではなく、TOEFLのスコアを上げるための実践演習も行われているので、より大きな効果を得られるというわけです。

 

TOEICとは違ってどちらかと言うとマイナーな資格試験なので、TOEFLコースを採用しているというオンライン英会話は少ないかもしれません。

 

しかし、スラリーeやグローバルコミュニケーションといったオンライン英会話では、実践演習を兼ねたTOEFLコースが取り入れられているので、入会してレッスンを受ける価値は大いにあります。

 

オンライン英会話はスクールによってレッスン料金が異なりますし、在籍している講師にも違いが生じているので、どのスクールが自分に合っているのか比較することが大事です。


「カランメソッドのメリット」に関するページ