カランメソッドとアウトプット

カランメソッドとアウトプットについて

アウトプットの訓練を行うには、オンライン英会話で採用されているカランメソッドを利用するのが適しております。

 

リスニングやリーディングといったインプットとは別で、ライティング力やスピーキング力を鍛えるのがアウトプットで、英語力を上げるには欠かせないことなのです。

 

もちろん、インプットも大事だということには変わりないのですが、アウトプットの訓練に特化したレッスンがカランメソッドで、反射神経を鍛えることができるでしょう。

 

通常のレッスンとは異なり、物凄く早いスピードで会話が行われていくので、英語を日本語で考えているという暇が全くないのです。

 

英語だけをリスニングし、自分の言葉でスピーキングしていくということで、カランメソッドは英語脳を作るのに欠かせないレッスンだと説明できます。

 

特に、英語の勉強を学校で行っている中学生や高校生の多くは、アウトプットトレーニングが圧倒的に不足しているため、実践で使える英語をマスターすることができないのです。

 

これは現代の英語教育自体に問題があるので、子供には何も責任はないものの、英語が話せない子供が多いのはアウトプットトレーニングを行っていないからかもしれません。

 

そこで、オンライン英会話のカランメソッドを利用すれば、徹底的に英語を話す訓練を行っていくことができるので、このサイトでご紹介しているNativeCamp(ネイティブキャンプ)をおすすめします。

 

数あるスクールの中でも、カランメソッドを採用しているオンライン英会話なので、NativeCamp(ネイティブキャンプ)で無料体験を受けてどのようなレッスンなのか把握してみてください。

 

 

>>> NativeCamp(ネイティブキャンプ)の無料体験

 

 


カランメソッドとフリートークを上手く組み合わせよう!

さて、カランメソッドに限らず、オンライン英会話全体で言えることかもしれませんが、相手がいるというのは非常に大きなメリットだと説明できます。

 

テキストを使って独学で勉強しているだけでは、的確なフィードバックを期待することはできません。

 

一緒に話している相手が存在するからこそ、自分の間違いに気が付くことができますし、目で読むのではなく実際に言葉に出すことによって、アウトプット能力を鍛えられるというわけです。

 

とは言え、カランメソッドはあくまでも英語を身に付けるための訓練であり、コミュニケーションを重視したものではないということを頭に入れておく必要があります。

 

野球に例えて説明すると、カランメソッドはノックのように決められたものなので、こればかりでは試合の楽しさを実感できないというわけです。

 

そのため、カランメソッドのレッスンに加えて、自由に好きなことを話すフリートークも取り入れながら、英語の学習を行っていくのが良いでしょう。


「カランメソッドのメリット」に関するページ