カランメソッドとアメリカ英語

カランメソッドとアメリカ英語について

カランメソッドは非常に効果が高いとイギリスのカランスクールで実績があり、現代でがインターネットでも取り上げられており、日本でもオンライン英会話を通じて利用できるようになりました。

 

イギリスで開発されたということで、「アメリカ英語を学ぶことができないのでは?」という質問をされる方がいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、場合によってはイギリス英語で使用する文法などが出てくるかもしれませんが、基本的にはアメリカ英語が中心となっております。

 

独自の文法が登場するということは非常に少ないですし、基本中の基本であるアメリカ英語をしっかりと学ぶことができるからこそ、カランメソッドは多くの方から人気を得ているのです。

 

しかも、日本ではオンライン英会話で利用できるため、自宅でインターネットを繋ぐだけで外国人の方と、カランメソッドのレッスンを受けられるようになりました。

 

イギリスの語学学校の生徒が実際に受講しているレッスンを、インターネット上で体験できるというのは、素晴らしいことだと思います。

 

それに、アメリカ英語を学ぶのかイギリス英語を学ぶのかは、教える講師の国籍によって大きく異なり、カランメソッド自体は特に関係がないのです。

 

オンライン英会話の講師として採用されていることの多いフィリピン人は、以前からアメリカ英語を公用語としているので、しっかりと基本的な文法を学ぶことができます。

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)にもフィリピン人の講師が在籍しており、レベルの高い先生と一緒にカランメソッドを受講できるのです。

 

人件費の安いフィリピン人を採用していて格安の費用でカランメソッドを受講できるというメリットがあるので、是非NativeCamp(ネイティブキャンプ)に入会してみてください。

 

 

>>> NativeCamp(ネイティブキャンプ)の無料体験

 

 


アメリカ英語とイギリス英語の単語の違いは?

さて、上記でも説明したように、講師の国籍によってアメリカ英語を学ぶのか、イギリス英語を学ぶのか大きく異なっております。

 

基本的にどのオンライン英会話も、安い料金を提供するためにフィリピン人の講師が採用されており、カランメソッドでも普通のレッスンでも、アメリカ英語が主体なのです。

 

そのため、イギリス英語を学びたいというのであれば、イギリス人が在籍しているスクールでレッスンを受けるのが良いのではないでしょうか。

 

イギリス人が在籍しているスクールはそこまで多くないものの、幾つかあるので新しいスキルを手に入れるためには必要だと説明できます。

 

両者は同じ英語ということには変わりないのですが、単語やアクセントに違いが生じており、アメリカ英語しか習っていないという生徒がイギリス英語を聞くと大きな違和感があるはずです。

 

例えば、ガソリンのことをアメリカ英語では「gas」と言うのに対し、イギリス英語では「petrol」となっております。

 

もし、初心者の方が英語を学びたいと考えているのであれば、基本のアメリカ英語をカランメソッドで勉強していくのが良いかもしれません。


「カランメソッドのメリット」に関するページ