カランメソッドのメリット

カランメソッドのメリットについて

ダイレクトメソッドと呼ばれスパルタ教育だと考えられているカランメソッドは、幾つものメリットがあります。

 

そのメリットの一つが英語に対する条件反射力を身に付けられるということで、先生の2回の質問に対して生徒は瞬時に聞き取ってフルセンテンスで答えていかなければならないのです。

 

例えば、「Do you like 〜?」という質問を先生が行った場合、「Yes, I do.」というように短文で回答してはならず、きちんと「Yes, I like 〜.」と答えていかなければなりません。

 

「〜」の部分は自分で考えなければなりませんし、カランメソッドは普通のレッスンとは違って高速で行われていくため、日本語で考えている余裕はないのです。

 

頭の中では英語が駆け巡っているような状態となっており、最初は難しくても長期的に続けていくことによって、英語脳を鍛えられるというメリットがあります。

 

一度日本語に英語を訳してから回答していくのでは遅いですし、実際にネイティブと会話を行っていくためには支障が生じるので、カランメソッドで英語脳を鍛えるレッスンを受けた方が良いというわけです。

 

m現在では世界30ヶ国以上に渡ってこのカランメソッドが採用されており、ケンブリッジ英語検定の合格率が95%を超えたという実績もあるので、メリットのある学習方法だということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

通学型の英会話スクールでは採用されていないのですが、オンライン英会話では取り入れられているので、このサイトでご紹介しているNativeCamp(ネイティブキャンプ)に入会することをおすすめします。

 

初めてオンライン英会話を受講するという方のためにNativeCamp(ネイティブキャンプ)では1週間の無料体験が取り入れられているので、一度気軽に受けてみてください。

 

 

>>> NativeCamp(ネイティブキャンプ)の無料体験

 

 


カランメソッドは厳しく正確に英語を覚えられる!

さて、厳しく正しく正確に英語を覚えていけるというメリットも、カランメソッドでは兼ね備えております。

 

通常のレッスンの場合は、多少の文法の間違いはスルーされることが多いですし、その間違いに気が付かないまま相手の理解度に甘えることができるのです。

 

その点、カランメソッドでは正確に講師の質問に対して答えていかなければならず、上手く回答できない場合は先生が正しい答えを言ってくれるので、生徒はその文章を繰り返し話していきます。

 

このように、「何となく英語を理解する」のではなく、「徹底的に学習できる」というメリットがカランメソッドにはあるのです。

 

通学型の英会話スクールで普通のレッスンを受けた場合、日本人の講師であれば生徒が分かりやすいようにゆっくりと話してくれるかもしれません。

 

しかし、実際にネイティブと英語を話す場合は、かなりのスピードになりますし、その速さに慣れなければ意味がないので、英語脳を鍛えられるカランメソッドが実に適していると説明できます。

 

オンライン英会話であれば、圧倒的な安さで英語の勉強を行っていくことができるので、上記でご紹介したNativeCamp(ネイティブキャンプ)に入会するべきです。


「カランメソッドのメリット」に関するページ