カランメソッドは批判されているの?

カランメソッドは批判されているの?

「カランメソッドは批判されているの?」という疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

 

「英語反射力と英語脳を鍛える奇跡の学習法」と言われている中、批判の声も上がっていたのは事実です。

 

それは、カランメソッドで使われている表現や語彙が古く、現代ではあまり使われないことが大きな原因なのではないでしょうか。

 

カランメソッドは1960年代にイギリスで開発されてから、その内容やテキストは特にアップデートされませんでした。

 

そのため、インターネットに関するような例文は一切出てこないですし、古臭い表現もあったので一部の人から批判されていたというわけです。

 

しかし、そのような意見を取り入れて、2012年にカランメソッドのテキストが改訂され、今ではほとんど使われなくなった英語表現や現代のライフスタイルに馴染めないような文章はなくなりました。

 

つまり、現代人でもとっつき易い英語を学習できるようになりましたし、カランメソッドの大きなデメリットが解消されたのです。

 

例えば、接続詞の「whilst」の代わりに「whereas」が使われるようになったり、古いボキャブラリーを全て排除したりと、遥か昔に開発されたカランメソッドでも現代版の英語を学ぶことができます。

 

2012年にこのアップデートが行われてからというもの、カランメソッドは更に生徒から人気を得たのです。

 

以前のように批判されることはなくなりましたし、当サイトでご紹介しているQQ Englishでも現代版の英語を学べるので、一度無料体験を受けてみてください。

 

 

>>> QQ Englishの無料体験

 

 

さて、2012年以前にカランメソッドが古臭いと批判されていた時は、イングリッシュベルで実施されていたDMEメソッドの方が人気を得ておりました。

 

カランメソッドを現代版に差し替えたのがこのDMEメソッドで、他のページでも詳しく説明しております。

 

しかも、数年間に一度のペースで内容がアップデートされるため、生徒は常に新しい内容を学べるというわけです。

 

それでも、カランメソッドでも内容の改定は行われるようになりましたし、これからはDMEメソッドと同じように数年間に一度のペースで見直しが行われるかもしれません。

 

カランメソッドはオンライン英会話でしか受けられない授業なので、お好きなスクールに入会する価値は大いにあるというわけです。

 

当サイトで積極的にご紹介しているQQ Englishだけではなく、イングリッシュベルやe英会話でもカランメソッドは取り入れられているので、自分に合うスクールを探してみてください。


「カランメソッドに関する疑問」のページ