カランメソッドは古いの?

カランメソッドは古いの?

オンライン英会話で実施されているカランメソッドは、1960年代初頭にイギリスで開発されたということで、古いのではないかと疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

 

確かに、以前まではカランメソッドで行われる授業もテキストも古いと言われており、現代では使われないような表現が出てくることもありました。

 

オンライン英会話でもあらかじめ決められたメソッドでレッスンを受けていきますし、これは仕方ないのかもしれません。

 

カランメソッドは古いと知れ渡り、現代版の英語表現に変えたり難易度がゆっくりと進んで初心者でも受講できるようになったDMEメソッドの方が人気が高まったのです。

 

DMEメソッドはカランメソッドの改良版で、イングリッシュベルで実施されております。

 

しかし、「カランメソッドが古い」というのは過去の話で、2012年にテキストが改訂され、現代では使われなくなった古い表現は排除されました。

 

以前までは50年間も昔にカランメソッドは作られ、一度も見直されることなくレッスンが行われていたので、現代のライフスタイルに馴染めないような文章も実に多かったのです。

 

それでも、2012年の改訂によって、以前まで使われていた「whilst」という単語が「whereas」に変わるなど、ボキャブラリーや文章がアップデートされました。

 

つまり、カランメソッドでの勉強法は古いわけではありませんし、現代の英語に合わせて学習していくことができるので、当サイトでご紹介しているQQ Englishで一度試してみてください。

 

 

>>> QQ Englishの無料体験

 

 

さて、カランメソッドは古いというのは昔の話で、現在では新しい英語を学ぶことができるようになりました。

 

例えば、以前までは「It isn’t a pen, but a pencil.」という文章だったのが、テキストの改定によって「It isn’t a pen, a pencil.」という形になっております。

 

インターネット関連の話やEメールで使うような表現も実に多く、現代人にも馴染みやすいことは間違いありません。

 

恐らく、カランメソッドもDMEメソッドと同じように、数年間のサイクルで新しいバージョンにアップデートされていくのではないでしょうか。

 

詳しいことは分かっていないものの、DMEメソッドは2000年に登場してから、テキストの内容などが3年間〜4年間に一度のペースでバージョンアップされております。

 

その方が生徒に馴染みやすいですし、新しい表現を次々と学べるようになるので、カランメソッドで採用されても不思議ではないのです。


「カランメソッドに関する疑問」のページ