カランメソッドは新しいの?

カランメソッドは新しいの?

カランメソッドは1960年にイギリスで開発された学習法の一つとなっており、50年以上も昔から親しまれているため、新しい勉強法だとは言えません。

 

講義の際に使われているカランメソッドのテキストの中には、現代ではあまり使用されない語彙や文法なども混じっており、古臭い表現も残っているというわけです。

 

この50年間の間に、インターネットの普及によって新しい単語も続々と登場しているので、時代の流れに即したレッスンではないと説明できます。

 

もちろん、英語の根幹となる部分は時代が進んでも大きく変わるということはないものの、オンライン英会話で実施されているカランメソッドは新しい学習法ではないということを心得ておかなければならないのです。

 

それでも、かなり前に開発された学習法が現代でも残っているということは、それだけ効果が高いということを意味するので、受講する価値は大いにあるのではないでしょうか。

 

通常のレッスンとは異なり、4倍のスピードで英語の学習を行っていくことができますし、英語に対する反射神経を鍛えて英語脳も作ることができます。

 

ネイティブとスムーズに会話を行っていくためには、英語を日本語に置き換えるのではなく、英語脳を作らなければならないので、更なるレベルアップを図りたいのであればカランメソッドを利用するべきです。

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)は、カランメソッドを取り入れているオンライン英会話の一つで、1ヵ月のレッスン回数は特に定められていません。

 

ビジネス英会話やTOEIC対策など、自分の目的に合ったカリキュラムで無制限でレッスンを受けていくこともできるのでNativeCamp(ネイティブキャンプ)に入会してみてください。

 

 

>>> NativeCamp(ネイティブキャンプ)の無料体験

 

 


新たなエディションが発表されたカランメソッド!

さて、カランメソッドは上記でも説明したように、新しい学習法とは言えないものの、「表現が古い」「新しい単語が登場しない」という問題点や批判に対応し、2012年新たなエディションが発表されました。

 

カランメソッド2012では、時代の流れに即した単語や語彙が登場しており、現代でも日常的に使われているものなので、今までのテキストのデメリットは解消されたというわけです。

 

全てをアップデートしたというわけではなく、以前の表現のままになっているステージも存在するものの、違和感なく勉強を進めていくことができます。

 

ビジネスでのキャリアアップを目指したり、TOEICのスコアアップを図りたいという生徒にも適したレッスンなので、オンライン英会話で実施されているカランメソッドを利用するべきです。


「カランメソッドに関する疑問」のページ