カランメソッドの難易度

カランメソッドの難易度について

「カランメソッドの難易度はどのくらいなの?」という質問をされる生徒の方はたくさんいらっしゃいます。

 

確かに、「高速で講師と話す英会話」ということで、カランメソッドは難易度が高いのではないかと考えるはずですし、どんなに効果があったとしても、続けていくことができなければ意味がないのです。

 

カランメソッドを受けるオンライン英会話によって、微妙に難易度は異なるものの、基本的には一緒と考えて問題はありません。

 

全部で12個のステージで構成されており、ステージ1〜ステージ4が初級レベル、ステージ5〜ステージ8が中級レベル、ステージ9〜ステージ12が上級レベルとなっております。

 

上級者の方でも、いきなり途中のステージから受けることはできず、ステージ1から一つずつクリアして次の段階に進むという仕組みになっているのです。

 

最初の方は簡単な例文しか出てこないので、初心者の方でも十分に理解できる内容ですし、難易度が高くて続けられないというケースはかなり少ないと説明できます。

 

ステージ12ですと、「What can we feel our blood doing when we put our finger on our pulse?」といった難しい例文が登場しており、生徒は即座に回答していかなければならないのです。

 

かなり難易度が高く、上級者向けの英文となっておりますが、ステージ1であれば「Is this a boy?」といった誰でも理解できる例文が中心なので、少しずつ学んでいくことができるでしょう。

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)であればカランメソッドの教え方に慣れたフィリピン人講師が在籍しているので、優しく丁寧に英語を教えてくれます。

 

このオンライン英会話のカランメソッドで実力を上昇できたという生徒はかなり多いので、一度NativeCamp(ネイティブキャンプ)の無料体験を受けてみてください。

 

 

>>> NativeCamp(ネイティブキャンプ)の無料体験

 

 

さて、カランメソッドの難易度は個人によって感じ方が異なるため、一概に説明することはできません。

 

しかし、ステージ1は余裕でクリアできたという生徒でも、ステージ3辺りになって伸び悩んでしまったというケースが意外と多いようです。

 

カランメソッドのステージ3では、ステージ2で受講した内容を更に拡大していく形となり、使用される英単語の幅が広がり、長い例文も少しずつ登場するようになります。

 

ステージ1での内容とは大きく異なるため、初心者の方でステージ3までは到達したものの、先に進むことができずに諦めてしまうというケースが多いのです。

 

とは言え、「1つのステージを○○日でクリアしなければならない」という決まりは、カランメソッドではないので、難易度が高くても焦らずに勉強を続けていくことをおすすめします。

 

早く先に進めば良いという単純なものではないので、自分のペースに合わせて英語力を上げる努力をしてみてください。


「カランメソッドのデメリット」に関するページ