カランメソッドの問題点

カランメソッドの問題点について

英語脳を鍛えられるというカランメソッドは、完璧な学習方法というわけではなく、幾つかの問題点もあります。

 

まあ、100%の勉強方法は存在しないのですが、カランメソッドの問題点の一つが、最近では使われない古い表現が出てくるということです。

 

約50年前にイギリスで開発されたテキストなので、使われている単語が古いですし、文法に関しても現在では使用されていないような表現が記載されております。

 

生徒から改善要望があったためか、2012年にテキストが一新されて、スマートフォンに関する話題など現代でも使われるような表現が出てきました。

 

バージョンアップによって幾らかの見直しは行われたものの、ステージ1とステージ2、そしてステージ8以降はそこまで大きな変化がないというのが、問題点だと言えるかもしれません。

 

もちろん、現代では絶対に使われておらず、意味のない表現というわけではないですし、英語の根幹にある部分は時代を重ねても変わりないため、英語のスキルアップを図るためには重要な要素の一つだと言えます。

 

それでも、最新の英語だけを学びたいという生徒の方には、カランメソッドはあまり適していないということを、頭に入れておかなければならないというわけです。

 

また、授業を受ける度に疲労感が溜まるというのも問題点の一つとなっており、通常のレッスンと比べてかなりハードということは事実なので、これがカランメソッドを続けられない理由の一つだと言えるでしょう。

 

通常のレッスンと比べて、取り扱う英単語の数はかなり多いですし、レッスン中はずっと英語を聞いているか話しているかのどちらかなので、休む暇は全くないというわけです。

 

しかも、オンライン英会話スクールを利用してカランメソッドを受けるという場合、1対1のマンツーマンレッスンが基本となっているため、自分以外に生徒はおりません。

 

つまり、自分が常に英語を先生と話していなければならない状態になってしまうため、やる気に満ち溢れていたとしても、途中で挫折してしまう生徒も多いのです。

 

以上のような問題点を聞いていると、「カランメソッドは微妙なのでは?」と考える生徒はいらっしゃるでしょう。

 

とは言え、イギリスで開発されてから長い期間に渡って支持されてきたのは間違いないですし、4倍のスピードで英語脳を鍛える学習を行っていくことができるので、オンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)に入会するのをおすすめします。

 

カランメソッドを全てのステージまでクリアするのは、根気が必要なのですが、レベルの高いNativeCamp(ネイティブキャンプ)の講師がしっかりとサポートしてくれるはずなので、まずは公式サイトで基本情報を確認してみてください。

 

 

>>> NativeCamp(ネイティブキャンプ)の無料体験

 

 


「カランメソッドのデメリット」に関するページ