カランメソッドと予習

カランメソッドと予習について

カランメソッドを採用しているオンライン英会話によって異なるものの、基本的にレッスンの予習はしなくても良いと考えられております。

 

レッスンで行う授業の内容を少しでも把握するために、予習を欠かさずに行った方が良いと考える方は多いはずです。

 

しかし、カランメソッドにおいては、予習をすると先生の質問に対してのセンテンスを覚えてしまうこととなり、丸暗記すればレッスン中に先生の質問を聞き逃さないようにと意識せずに済むので、あまり効果がなくなってしまいます。

 

講師によっては、微妙に質問の内容を変えたり、別の単語に置き換えたりと、工夫をしてカランメソッドのレッスンを進めてくれるかもしれません。

 

とは言え、全ての講師が上手く対応してくれるというわけではないので、レッスンの前にテキストを読むといった予習は必要ないと言われているのです。

 

英語が苦手な方は、予習をしなければ不安になる可能性はあるものの、レッスン中に聞き逃しがないように集中していれば、回数を重ねるごとに英語力は少しずつ上がっていくでしょう。

 

もちろん、自宅での学習が全く必要ないというわけではないので、予習よりもその日のレッスンに行った復習を意識的に行うべきです。

 

仮に、レッスン中は先生の質問に対して上手く回答できたとしても、単語が少し変わった途端に答えられなくなることはあるので、内容を忘れないためにも自宅での復習は必要不可欠だと説明できます。

 

このサイトでご紹介しているオンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)でカランメソッドを受け、同時に自宅での復習を行っていれば、短期間のうちに英語脳を鍛えられるはずです。

 

全てのスカイプ英会話でカランメソッドが取り入れられているわけではないので、是非NativeCamp(ネイティブキャンプ)に入会して試してみてください。

 

 

>>> NativeCamp(ネイティブキャンプ)の無料体験

 

 

さて、カランメソッドでは特に予習が必要ないとしても、通常のオンライン英会話のレッスンでは積極的に行うことをおすすめします。

 

例えば、初心者の場合はオンライン英会話でフリートークを受けるにおいて、どのような内容の話をすれば良いのか迷ってしまうはずです。

 

自分から話題を決める必要はなく、講師の方が何かしらのストーリーや話題を決めてくれるものの、英語だけでコミュニケーションを図るのはかなり難しいと言えます。

 

そこで、予習をしてフリートークで先生と話したい内容について考え、ある程度の流れを把握して英文を作っておけば、レッスン中にあたふたとすることはなくなるのです。

 

もちろん、コンピュータを相手にするわけではなく、人とコミュニケーションを行っていくので、自分のシュミレーション通りになるということはありません。

 

それでも、話したい内容だけでも事前に決めておけば、レッスンをより円滑に進めていくことができるのではないでしょうか。


「カランメソッドの勉強方法」に関するページ