カランメソッドと暗記

カランメソッドと暗記について

カランメソッドでは、先生の2回の質問に対して、間髪入れずに回答していかなければならないということで、文章を暗記すれば良いと考えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、文章を暗記したとしても、英語の使い方は理解できるはずですし、英語を英語のままで考える能力は身に付いていくはずです。

 

しかし、ただ丸暗記しているだけでは、英語力が上がったとは言えませんし、テキストに記載されていることを先生がそのまま質問するというわけではありません。

 

カランメソッドは、講師によって授業の仕方が異なっており、応用力を高めるために質問文を微妙に変えて生徒に投げかけてくることがあるので、丸暗記はあまり意味がないと言えます。

 

それに、オンライン英会話では、インターネット上で何十人何百人もの生徒がレッスンを受けており、カランメソッドに限らず、毎回同じ講師と受講できるわけではないのです。

 

中には、同じ先生とレッスンを受けられる講師担任制のスクールは存在しますが、オンライン英会話全体で見ると非常に少ないですし、基本は自分が受けたい日に空いている講師を予約するという形になります。

 

つまり、同じカランメソッドのステージ1だとしても、選択する講師によってレッスンが変化するのは不思議ではないので、暗記するだけではなく、英語を理解することが大事なのではないでしょうか。

 

難しそうなレッスンだと感じるかもしれないものの、慣れれば自分の英語力をより短期間で高めていくことができるはずなので、このサイトでご紹介しているQQ Englishをおすすめします。

 

QQ Englishでは、英語力に長けた優秀なフィリピン人の講師が在籍しているので、この方たちと一緒にカランメソッドを受けてみてください。

 

 

>>> QQ Englishの無料体験

 

 

さて、カランメソッドに限った話ではありませんが、レッスン中に覚えたことを忘れないようにするためにも、自宅での復習は欠かせないと説明できます。

 

オンライン英会話でのレッスンと自宅での復習を組み合わせることによって、短期間で英語力をアップできるというわけです。

 

復習であれば、ただ英文を丸暗記するのとは異なり、英語の本質の理解に繋がります。その繰り返しによって、だんだんと英語を自分のものにできるということは間違いありません。

 

カランメソッドのレッスンは、通常のフリートークよりも疲労感を覚えるかもしれないですし、お仕事で忙しいという方はいらっしゃるはずなので無理は禁物です。

 

それでも、短期間で英語を話せるようになりたいという明確な目標を持っているのであれば、オンライン英会話でのレッスン以外の努力も欠かせないと言えるでしょう。


「カランメソッドの勉強方法」に関するページ