カランメソッドの勉強方法

カランメソッドの勉強方法について

カランメソッドの勉強方法は、スクールによって多少の違いはあるものの、基本的には一緒となっております。

 

基本ルールとして、先生が2回に渡って質問の例文を話すので、生徒は正しく回答していくのです。

 

通常の英会話のレッスンでは、答えに詰まった時に先生がヒントをあげたり回答する時間を設けたりと、生徒が頭の中で英文を考えている時間が長いという特徴があります。

 

その点、カランメソッドの勉強方法は生徒に考える時間が与えられず、機械的に授業が進められていくので、4倍のスピードで英語を学習できると言われているのです。

 

実際にレッスンを受けている方は、あまり意識していないかもしれませんが、通常の授業では生徒が何かを考えている時間は、レッスン全体の約7割を占めております。

 

カランメソッドは、この7割の無駄な部分を省いた勉強方法で、より英語をリスニングしたりスピーキングしたりして、スキルを上げていくことができるでしょう。

 

授業では基本的にテキストを見ることはできないものの、復習に役立つグッズの一つとなっているため、専用の教材を購入して学習に役立てることは可能です。

 

しかし、カランメソッドの授業中は、テキストを悠長に眺めるのではなく、先生が話していることに集中し、リスニング力や英語に対する理解力を深めていく必要があります。

 

言葉でカランメソッドの勉強方法について聞いていても、上手く理解できないかもしれないので、まずはNativeCamp(ネイティブキャンプ)で無料体験を受けてみるべきです。

 

このオンライン英会話では1週間の無料体験が採用されており、カランメソッドを実際に体験できるのでNativeCamp(ネイティブキャンプ)の公式サイトにアクセスして詳細を確かめてみてください。

 

 

>>> NativeCamp(ネイティブキャンプ)の無料体験

 

 


カランメソッドで決められているルールは?

カランメソッドで勉強をしていくに当たって、幾つかのルールが決められており、その一つがフルセンテンスで答えなければならないということです。

 

例えば、「Is this a pen?(これはペンですか?)」という質問に対し、単純に「No」と答えてはいけません。

 

正しい表現を正確に学んでいくのがカランメソッドの勉強方法で、それが目的だとも言えるので、「Yes,this is a pen.」とフルセンテンスで生徒は回答していきます。

 

また、日本人が苦手としている「a」や「the」といった冠詞に関しても、正確な回答が要求されており、レッスンを繰り返し受けていくにつれて、正しい使い方を把握できるようになるはずです。

 

他にも、「レッスンでは常に短縮形を用いる」「回答を覚えるのではなく反射的に話す」というルールがあるので、実際にカランメソッドを受講して確かめてみてください。


「カランメソッドの勉強方法」に関するページ